あましんグリーンプレミアム

ごあいさつ
会長 橋本博之

平素は当金庫をお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。
『あましん グリーンプレミアム』は、温暖化や資源の枯渇、生物多様性の低下をはじめとする環境問題が深刻化している状況下において、環境改善に対する地域の皆さまの優れた技術や製品、取組みやアイデアにスポットを当て表彰することで、新技術の開発や環境文化の創造に繋がることを願い実施するものです。

本表彰制度は、平成23年当金庫が創業90周年を迎えたのを機に創設し、過去6回の募集ではいずれも100件を上回るご応募をいただいております。
平成29年3月8日には『あましんグリーンプレミアム』が環境省21世紀金融行動原則の定時総会においてグッドプラクティス・最優秀取組事例として信金初となる「環境大臣賞」を受賞いたしました。

本賞が更に地域経済の発展と暮らしやすい環境作りのお役に立てるよう、皆さまと共に地域に根ざした賞に育てていきたいと考えております。

募集要項
応募資格

当金庫営業エリア内の法人・個人・団体で、環境問題への改善に大きく貢献している技術や製品、取組みやアイデアをお持ちの方。
    ※当金庫とのお取引の有無は問いません。
    ※ただし、主たる住所地が当金庫の営業エリア外の場合はご応募いただけません。
 
 詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
部門・表彰内容

募集部門
環境事業部門 (事業者を対象といたします。)
    自社で開発した技術や製品、工法などにより環境改善に大きく寄与する一定の効果をあげている事業者に対して表彰します。

環境活動部門 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    組織として(個人の場合は個人として)環境問題を意識した活動等を通じて、一定以上の効果をあげている先に対して表彰します。

環境アイデア部門 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    地域住民から幅広く、環境問題改善に向けたアイデアを募集し、低コストかつ迅速に実現可能であり効果的なアイデアに対して表彰します。
     

賞金
最優秀賞賞金100万円(全部門を通じて1先)
部門賞環境事業部門… 賞金50万円(1先)
環境活動部門… 賞金50万円(1先)
環境アイデア部門… 賞金30万円(1先)
選考委員会特別賞賞金10万円  (複数受賞あり。受賞者なしの場合もあります。)
詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
応募期間・方法

応募期間
平成29年6月1日(木)〜8月21日(月)
※応募期間最終日到着分まで

応募受付

応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、以下の方法でご応募下さい。
      応募用紙はこちら
       ※応募用紙記入のポイントをご参照の上、ご記入下さい。
@ Eメールでのご応募 (E‐mail :eco-amashin@amashin.co.jp
応募用紙以外に必要と思われる技術データ・レポート・写真等がある場合は、「あましん グリーンプレミアム」事務局あてに別途ご郵送いただきます。
A お近くのあましん本支店へのご持参によるご応募

詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
あましん グリーンプレミアム 事務局
尼崎信用金庫 総合企画部業務企画グループ
〒660−0862
尼崎市開明町3丁目30番地
TEL 06-6412-5403  FAX 06-6412-5495
選考方法

 1次選考 … 応募書類による書類選考
 2次選考 … 1次選考通過者の応募書類による書類選考
 最終選考 … 2次選考通過者によるプレゼンテーション選考
※第6回 あましん グリーンプレミアム 最終選考の様子はこちら
受賞者の発表・授賞式

受賞者の発表
     
選考結果は、平成29年11月下旬にニュースリリースするとともに、当金庫ホームページ等で発表致します。
各応募者への選考結果については事務局よりお知らせいたします。

授賞式
     
 平成29年12月上旬を予定しております。
     
※第6回 あましん グリーンプレミアム 授賞式の様子はこちら

選考委員会 (順不同)
●選考委員長  橋本 博之  尼崎信用金庫 会長
●選考委員  尼崎市
  尼崎商工会議所
  近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
  ひょうご産業活性化センター
  神戸新聞社
受賞者一覧
第6回<あましん>グリーンプレミアム 受賞者一覧
最優秀賞    尼崎小田高等学校    http://www.hyogo-c.ed.jp/~amaoda-hs/
 応募タイトル:尼崎に青い海を取り戻すために

大阪湾の奥にある尼崎運河の環境は、尼崎港の閘門により外界と閉ざされていることから、今なお劣悪な環境となっています。こうした中、文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール」に指定されている本校のサイエンスリサーチ科の生徒の課題研究の中で、「尼崎に青く美しいかつての海を取り戻すために、尼崎港・尼崎運河の水質調査等の研究を行いたい」との意見が出され、平成20年度から研究をスタートさせました。尼崎運河・尼崎港・大阪湾の水質調査による水質悪化の原因の解明、尼崎運河の水質浄化について行政・地域と共に取組んでいます。

環境事業部門賞    中林建設株式会社    http://www.nakabayashi-kensetsu.co.jp/
 応募タイトル:斜面の防護と森の再生を両立した新技術『全天候フォレストベンチ工法』

主としてコンクリートなどの重量物が使われている斜面防護工法は、経年劣化に伴う修繕に大規模な工事が必要となり、建設費用の増大や産業廃棄物の発生が社会問題となっています。またこれらの工事により、本来の緑豊かな森や自然景観が数多く失われており、後世に負の遺産を残してしまう恐れがあります。中林建設株式会社では、斜面を安全に防護しながらも、森や自然環境の回復や景観の保全が可能な工法『全天候フォレストベンチ工法』を開発し実用化しています。

環境活動部門賞    兵庫運河・真珠貝プロジェクト    http://sea.ap.teacup.com/hyougounga/
 応募タイトル:兵庫運河・真珠貝プロジェクト

平成18年、神戸市環境局が兵庫運河の水質改善のシンボル事業として、兵庫運河であこや貝の育成実験を行い、真珠の収穫に成功しました。この成果を受け、あこや貝育成を通じた環境改善活動を市民の手で続けられないかという声が上がり兵庫運河・真珠貝プロジェクトを立ち上げました。当プロジェクトはあこや貝を育てて真珠を得ることが目的の事業ではなく、貝の育成事業を通じて生物の生命の大切さと環境が及ぼす影響を体感し、真珠という自然の恵沢を得ることで、自然のすばらしさを理解することをねらいとしています。

環境アイデア部門賞    尼崎重機株式会社    http://www.amajyu.co.jp/
 応募タイトル:落差の小さな水路でも発電可能な三角枡式小水力発電装置の研究開発

大きな落差、流量を活用する小水力発電装置は設置場所の地理的条件の制約が大きく、また電力を必要とする都市部は平地に展開する事が小水力発電装置の普及を拒む一因であると考えられます。尼崎重機株式会社では、平地の都市部を流れる、流量はあるが落差が少ない農業用水路においても発電が可能な、新しい機構を有する発電装置「三角枡式小水力発電装置」を開発し、現在試作機による発電試験の準備を進めています。

環境事業部門 特別賞    神戸大学農学研究科    http://www.ans.kobe-u.ac.jp/
 応募タイトル:神戸近郊都市型酪農における畜産バイオマスエネルギーの地産地消

バイオガスは畜産業の糞尿問題解決の鍵とされ、国内では北海道の大型プラント研究が中心でしたが、小規模畜産農家でも容易に導入・利用できるよう、初期費用を抑えつつ効果的にバイオガスを得られるユニットを開発しました。開発したバイオガスユニットは、地域に分散している未利用・少量バイオマスをエネルギーに変えるポテンシャルを持つと考えられます。持続可能な都市型酪農のために、家畜糞尿から取り出した再生可能エネルギーの地産地消と有機資源の循環利用に取組みました。


第1回 〜 第5回 受賞者一覧はこちらへ