あましんグリーンプレミアム

ごあいさつ
会長 橋本博之

平素は当金庫をお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。
『あましん グリーンプレミアム』は、温暖化や資源の枯渇、生物多様性の低下をはじめとする環境問題が深刻化している状況下において、環境改善に対する地域の皆さまの優れた技術や製品、取組みやアイデアにスポットを当て表彰することで、新技術の開発や環境文化の創造に繋がることを願い実施するものです。

本表彰制度は、平成23年当金庫が創業90周年を迎えたのを機に創設し、過去9回の募集ではいずれも100件を上回るご応募をいただいております。

当金庫は令和元年10月10日に、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取組みを推進するため、「あましん SDGs宣言」を制定し表明しました。これまで推進してきた事業活動を通じた社会・環境への取組みをさらに発展させ、お取引先企業の新たな価値の創出や地域活性化を通じた「共通価値の創造」に努めてまいります。

また、今回は新型コロナウイルス感染症の予防や防止に関する商品やアイデアについても幅広く募集いたしますので、皆様のご応募をお待ちしております。

当金庫はこれからも『あましん グリーンプレミアム』を通じて持続可能な社会と環境作りにますますお役に立てるよう、皆さまと共に地域に根ざした取組みに育てていきたいと考えております。

募集要項
応募資格

当金庫営業エリア内の法人・個人・団体で、環境問題への改善に大きく貢献している技術や製品、取組みやアイデアをお持ちの方。
    ※当金庫とのお取引の有無は問いません。
   (※ただし、主たる住所地が当金庫の営業エリア外の場合はご応募いただけません。)
 
 詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
部門・表彰内容

募集部門
環境事業部門 (事業者を対象といたします。)
    自社で開発した技術や製品、工法などにより環境改善に大きく寄与する一定の効果をあげている事業者に対して表彰します。

環境活動部門 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    組織として(個人の場合は個人として)環境問題を意識した活動等を通じて、一定以上の効果をあげている先に対して表彰します。

環境アイデア部門 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    地域住民から幅広く、環境問題改善に向けたアイデアを募集し、低コストかつ迅速に実現可能であり効果的なアイデアに対して表彰します。

SDGs特別賞 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    「持続可能な開発目標」に寄与または実現可能なアイデア・経営理念について表彰します。
     

賞金
最優秀賞賞金100万円(全部門を通じて1先)
部門賞環境事業部門… 賞金50万円(1先)
環境活動部門… 賞金50万円(1先)
環境アイデア部門… 賞金30万円(1先)
第10回<あましん>グリーンプレミアム記念SDGs特別賞… 賞金30万円(1先)
選考委員会特別賞賞金10万円  (複数受賞あり。受賞者なしの場合もあります。)
詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
応募期間・方法

応募期間
令和2年6月22日(月)〜8月21日(金)
※応募期間最終日到着分まで

応募受付

応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、以下の方法でご応募下さい。
      応募用紙はこちら⇒
       ※応募用紙記入のポイントをご参照の上、ご記入下さい。
@ Eメールでのご応募 (E‐mail :eco-amashin@amashin.co.jp
A お近くのあましん本支店へのご持参によるご応募
応募用紙の他に必要と思われる技術データ・レポート・写真等がある場合は、「あましん グリーンプレミアム」事務局あてに別途ご郵送いただくか、もしくはご持参時に応募用紙に添えてご提出下さい。

詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
あましん グリーンプレミアム 事務局
尼崎信用金庫 総合企画部 企画グループ
〒660−0862
尼崎市開明町3丁目30番地
TEL 06-6412-5403  FAX 06-6412-5495
選考方法

 1次選考 … 応募書類による書類選考
 2次選考 … 1次選考通過者の応募書類による書類選考
 最終選考 … 2次選考通過者によるプレゼンテーション選考
※第9回 あましん グリーンプレミアム 最終選考の様子はこちら
受賞者の発表・授賞式

受賞者の発表
     
選考結果は、令和2年11月下旬にニュースリリースするとともに、当金庫ホームページ等で発表致します。
各応募者への選考結果については事務局よりお知らせいたします。

授賞式
     
 令和2年12月上旬を予定しております。
     
※第9回 あましん グリーンプレミアム 授賞式の様子はこちら
     
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、選考等の日程調整も検討する予定ですのでご留意願います。

選考委員会 (順不同)
●選考委員長  橋本 博之  尼崎信用金庫 会長
●委嘱団体  尼崎市
  尼崎商工会議所
  一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
  公益財団法人 ひょうご産業活性化センター
  神戸新聞社
受賞者一覧
第9回 あましん グリーンプレミアム 受賞者一覧
最優秀賞 宝榮産業株式会社
 応募タイトル:光触媒塗料による日常的なCO2削減への取り組み

創業以来製造している遮熱断熱塗料のノウハウに加え、次世代型の光触媒を配合した塗料の研究を、堺市・大阪府立大学との産官学共同開発という形で開始し、光触媒を塗料の面に浮上させることに成功しました。
この独自技術を使うことで光触媒効果を最大化させることができ、マイクロキャプセル本来の保温性に加え、塗装表面の汚れを防ぐセルフクリーニング効果によって遮熱断熱効果の持続性を伸ばすことが可能となりました。
これらの技術を活用し、従来では難しかった『塗料によるCO2削減』を日常的かつ持続的な環境対策として提案しています。

環境事業部門賞   翔飛工業株式会社
 応募タイトル:全国の廃棄瓦や廃棄陶器をリサイクルし、ヒートアイランド対策に貢献する

各地域で排出される廃棄瓦を自社のリサイクル工場に受け入れ、破砕機での破砕、ふるいわけを行います。
4種類の大きさにふるいわけた破砕瓦は、100%リサイクルされ、廃棄瓦の素材が持つ、特性、効果を最大限活かし、遮熱性に優れた保水性塗装、透水性舗装、薄層舗装などの製品として開発されています。
これらの舗装材は表面温度を10℃以上低減させる効果があり、舗装工事等で使用することで社会問題であるヒートアイランド対策につながります。

環境活動部門賞   伊丹環境ネットワーク
 応募タイトル:アースデイ いたみ

伊丹環境ネットワークは、1998年に伊丹市内で環境保護やゴミの減量、環境学習に関する活動をしている市民グループ21団体が集まり発足した団体です。
同団体の主な事業は、毎年6月に開催する「アースデイ いたみ」であり、今年は、伊丹市環境保全課、みどり自然課、防災センター、伊丹市昆虫館および豊中伊丹グリーンランドの協力を得て20回目の開催を迎えました。
来年度は「自然豊かな街づくりを目指して」をテーマとして、「第21回アースデイ いたみ」を開催予定で、「みどりの一人一鉢運動」を中心に、豊かな自然が育まれるように、市民・行政・企業と連携していく活動を行っていきます。

環境アイデア部門賞  株式会社ビズジーン
 応募タイトル:食糧枯渇と環境汚染問題を解決する陸上養殖管理システムの開発

将来、人口増加により世界で深刻な水不足となり、食糧を生産する為の水を確保することが難しくなると予想されますが、海洋の魚類は、水や餌も必要なく育つことから食糧として大きな期待が寄せられています。しかしながら、近年の乱獲や地球温暖化、海洋汚染などにより漁獲量が安定せず、陸上養殖に脚光が集まっています。
一方、陸上養殖の問題点は、乱立された養殖池で残餌や抗菌剤等の影響で、ウイルスや細菌による感染死により壊滅状態となり、環境破壊・汚染が進んでいます。同社の技術をもとに、病原体由来の遺伝子を高感度に検出することで、同じ養殖池で持続可能な陸上養殖システムの提供を目指しています。

SDGs特別賞  ネイチャークラブ
 応募タイトル:人と自然をつなぐKOMOREBI積木プロジェクト

ネイチャークラブは、子供から大人までが、自然や自分たちの生活する町の環境に興味・関心を持ち、常に命のつながりやその尊さを感じることのできる活動に取り組んでいます。
今回のプロジェクトは、尼崎の中学生たちがお互いの地域課題を共有しながら自然体験活動を続けている徳島県上勝町の杉の木との出会いがきっかけとなっています。
具体的には、杉の端材を尼崎市内の障害を持つ方々が自身の可能性を広げるため、『KOMOREBI』という積木を製作しています。これらの活動は、障害を持つ方の就労支援につながる取り組みであり、販売による収益は子供たちの自然体験や尼崎の環境改善活動にかかる費用の一部として活用しています。


第1回 〜 第8回 受賞者一覧はこちらへ