地域の小・中学生への金融教育プログラム

あましん「おかね寺子屋」

平成19年6月、地域の子どもたちに「金融の基礎知識やお金の大切さ」を学んでいただくための金融教育プログラムとして、あましん「おかね寺子屋」を開講しました。
「おかね寺子屋」では、各学校で出張講義を実施し、当金庫の職員が「働くこと、貯蓄することの大切さ」や「ローンの仕組み」などを分かりやすく解説しています。
開始以来、既に延べ72校・5,900名の生徒の皆さんが参加しています(平成29年3月末現在)。
当金庫は、これからも地域の未来を担う子どもたちの育成の一助として取組んでまいります。