文字サイズ
尼崎信用金庫
小 大
尼信会館

特別展のご案内

 



<休館日:月曜日・祝休日(土曜日、日曜日と重なる場合は開館)>




  3階展示室「山口匡弘(やまぐち まさひろ) 陶展」では、丹波市美術作家協会 会員の山口氏の素朴で味わい深い花器や大壺などを35点展示します。
 山口氏は「自然豊かな場所で花や野菜に囲まれた暮らし」を求めて、兵庫県丹波市に移り住みました。この地に匡山窯を構えて作陶に専念し、日々研鑽を重ねて20余年になります。その間、新匠工芸展や日本伝統工芸近畿展、日展等に入選を果たしてきました。
 山口氏の作品は手作りならではの独創的な形状が特徴です。さらに、釉薬を使用せず、籾殻を使った「焼き締め」の手法で焼かれた作品の表面の色や表情は、炭と籾殻の組み合わせ、窯の温度や火の流れなど焼成条件を変えることによって生み出され、夕映えや朝もや、春霞のような幻想的で幽玄な景色が魅力です。  





(各画像をクリックすると大きな画像で見ることができます。)


特別展TOPへ 尼信博物館TOPへ