文字サイズ
尼崎信用金庫
小 大
尼信会館

常設展示のご案内

 

尼信会館が所蔵する城下町尼崎に関する貴重な資料、ならびに世界170ヵ国のコインを展示しています。


(1)城下町 尼崎

尼崎は、古くより京と西国を中継する港湾都市として栄えました。大坂の陣後、徳川幕府は大坂城を西国支配の拠点として、大坂城を中心に幕府領、旗本領、譜代大名領を集中させる転封政策がとられました。なかでも尼崎は大坂城の西の守りを固める重要な位置にありました。
 元和3年(1617年)一万石の大名として尼崎郡代の地位にあった建部政長(たけべまさなが)が林田藩へ転封され、かわりに近江膳所から戸田氏鉄(とだうじかね)が入部して、五万石の尼崎藩主となり、幕府から新尼崎城の築城を命ぜられ完成いたしました。 その後、寛永12年(1635年)戸田氏鉄が美濃大垣に転封して、かわって遠江掛川より青山幸成(あおやまよしなり)が尼崎藩主(五万石)となりました。青山氏は宝永8年(1711年)幸秀(よしひで)のときに信濃飯山へ転封して、遠江掛川から松平忠喬(ただたか)が尼崎藩主(四万石)になり以後、松平氏は7代にわたって襲封して明治維新を迎えました。
  尼崎藩領内では海産物、農産物の生産、流通が発達しており、酒造、綿、菜種などの生産が盛んでありました。しかし、明和6年(1769年)今津、西宮から兵庫津までの灘浜手の村を天領として収公されまして、替地を多可、宍粟、赤穂の3郡内に与えられましたが、西宮、灘、兵庫よりの収入がなくなり、尼崎藩は大きな経済的打撃を受けることとなりました。
 明治2年(1869年)版籍奉還が認められ、尼崎藩は廃藩置県により明治4年尼崎県となり、続いて兵庫県に編入されました。 飛び地領のあった多可、宍粟、赤穂の3郡も明治4年姫路県に移されました。

(2)西の城塞、尼崎城

尼崎城は元和3年(1617年)に2代将軍徳川秀忠から命じられて戸田氏鉄(とだうじかね)が築城した新城であります。天守は四重四階の建物でありました。 海側からの景観は非常に美しく琴柱を立てたように見えるところから琴浦城と呼ばれました。
 尼崎城分間絵図は城の内側と外側から立体的に描き、実測に基づく細かな寸法が書き込まれております。本丸御殿間取図、本丸御殿部分間取図から玄関、広間、大書院、 御居間、茶之間、家老部屋、御用部屋、台所など内部の様子がわかります。

(3)武士の精神と武具(太刀、甲冑)

鎌倉時代中期の備前畠田の刀匠、初代守家作の太刀で国の重要文化財に指定されています。 また、この太刀に付属しております蒔絵太刀拵は江戸時代に製作された名品です。
 この太刀は9代忠倶(ただとも)の妻が阿部対馬守重次の娘であった関係で、重次から贈られ、11代忠名(ただあきら 幼名亀三郎)の佩刀(はいとう)となり、のちに飾太刀としたものです。
 寛永17年(1640年)の鑑定書「本阿弥光温極書」が添えられています。


「金子札白糸威二枚胴具足」(写真左)
 8代忠重が所用したもので兜の吹返し、胴の胸板には三つ葉葵が据えられています。

「浅葱糸威二枚胴具足」(写真右)
 家祖信定が着用のもので甲冑にはところどころに桜の紋が打ってあります。その甲冑からは古式の手法がみられる貴重な品です。

(4)武士の精神と武具(槍、大旗)

「穂先と槍印」
 道具槍は、参勤交代のときに用いられた飾り槍のことです。穂先に被せる槍印は木製菖蒲文革張で、特徴のある形をしています。
 槍印によって行列がどこの大名であるかが一目で識別できるようになっています。
 なお、この槍の穂先は「文殊包定作」(大和手掻の刀匠)の銘があります。


「朱地葵紋染抜大旗」
 桜井松平家の再興の印として、桜井家に代々伝えられてきた大旗。
 桜井信定の父であり、徳川家康四代前である松平長親(ながちか)の代に決めた家紋「葵」を染め抜いてあります。
 家康が六十七歳のとき、三河安城(現愛知県安城市)を巡察していると、この大旗を立て、赤子を抱く一団が目にとまりました。不思議に思ってたずねた家康は、この赤子こそが松平忠頼の嫡子・忠重だと知ります。
 忠頼は先の浜松城主でしたが、旗本同士の囲碁論争に巻き込まれて、若くして死去。城地は没収されていました。その事情を察した家康は、同族の情から桜井家のお家再興を許し、武州深谷八千石に取り立てました。その後、桜井家は遠州掛川四万石を拝領し、大名の地位を確立していきました。

(5)朝鮮通信使の来訪

「信使来聘自兵庫至大坂引船図」
 釜山永嘉台下を出発した朝鮮通信使の一行は対馬府中(厳原)に入り藩主宗氏一行とともに江戸へ向かいました。「信使来聘自兵庫至大坂引船図」は兵庫を発って大坂へ至る間で尼崎藩松平家が接待と送迎の役割を担当したときの尼崎藩の船図を描いたものです。
上巻143隻、下巻316隻の大小の舟が描かれています。

(6)海の守りと砲台

「尼崎海辺砲台水深里程絵図」
 嘉永7年(1854年)にはペリーの再来航やロシアのプチャーチンが軍艦で大阪湾に進入するなど、近畿においても海防問題で騒然となりました。
 尼崎藩も兵庫から天保山までを持場とする海岸警備を幕府より命じられました。尼崎藩では沿岸調査を実施し、大高州新田、初島新田、未新田、丸島新田、今福村の5カ所で砲台築造に着手しています。

(7)幕末から明治の貨幣経済

「藩 札」
 江戸時代、商品経済の発展にともない通貨需要が増大し、その不足を補うために、諸藩が領内において代用紙幣として発行したのが藩札です。
 経済活動が活発になるにともない、藩札のほか旗本札、自治体札、宿場札、商人札、労賃札など多種多様な紙幣が発行されました。
 このコーナーには尼崎藩札をはじめ姫路藩、明石藩、三田藩、林田藩、出石藩、豊岡藩など藩札と、明治維新前後の兵庫開港札、兵庫県札、太政官札、旗本札、などを展示しております。


※今般、コインミュージアムでは、芸術性の高い記念貨幣に注目し、『地方自治法施行60周年記念貨幣』、
  『オリンピック競技大会記念貨幣』、『FIFAワールドカップ競技大会記念貨幣と珍しい生きものコイン』の
 特別展示をおこなっています。 詳しくはここをクリックしてください。

※各見出しをクリックすると、コイン・ミュージアムの展示風景や所蔵する代表的な世界のコインをご覧いただけます。
  

見たいページを選択してください。