ニュースリリース

ニュースリリースインデックスへ
AMASHIN NOW NEWS LETTER

平成27年2月17日

各 位

地域のベストバンクをめざします。
尼崎信用金庫

尼崎南・尼崎東・尼崎北警察署長より地域防犯の取組みで感謝状を受領
〜あまちゃん・しんちゃんプロジェクトなど地域防犯への取組みを評価〜

  尼崎信用金庫(本店 尼崎市開明町3-30 理事長 川上利之)は、平成27年2月17日、長年にわたり子どもの安全対策および地域防犯に関する各種活動を積極的に推進し、地域社会の安全に大きく貢献したとして、尼崎南・尼崎東・尼崎北の警察署長より連名で感謝状をいただきました。
  尼崎南警察署で行われた贈呈式では、尼崎市内の三警察署を代表して、坂本武安尼崎南警察署長から当金庫 橋本博之会長に感謝状が贈られました。
  これからも、当金庫は未来を担う子どもたちを守り、住みよいまちづくりをめざした地域の防犯活動に積極的に取組んでまいります。
 
【当金庫の主な地域防犯活動について】
  
■「あまちゃん・しんちゃんプロジェクト」
当金庫が「地域住民の一員」として、地域の皆さまとともに展開する地域貢献活動。
地域や自治会の皆さまのニーズ(地域の課題)にお応えし、より地域との連携を深めるために各店舗がさまざまな活動を行っています。
<主な活動内容>
交通安全プロジェクト
「通学時の安全見守り隊、あいさつ運動」
防犯安全コミュニケーションプロジェクト
「地域の子どもたちへの教育・啓蒙活動」「高齢者が安心して暮らせるまちづくり」
「防犯・防災意識の啓蒙パトロール活動」
緑化・環境保全プロジェクト
「町内緑化への取組み」「地域の環境保全活動」「自然林の保全活動」
教育・文化プロジェクト
「認知症サポーター養成講座」「星を見る会」
その他の活動
「キッズ商店街」「地域マルシェ」「カラス対策」    など

各店舗の活動内容はこちら≫
  
■あましんセーフティプロジェクト
平成18年7月7日からスタートした防犯活動。渉外係が携帯している「ココセコム」(緊急発信機能付GPS位置測定器)と、阪神間を中心に展開する高密度店舗網を最大限に活用し、地域と一体となった防犯活動として実施。
<主な活動内容>
本支店と出張所を警察の「子供を守る家」として登録し、店頭にステッカーなどを掲示
渉外係は、営業活動の際に必ず「ココセコム」を携帯する
職員は、日常的に地域住民や地域の子供たちへの積極的なあいさつを行う
渉外係が使用する営業用単車・自動車などにプロジェクト専用ステッカーを貼付する
万一、「ココセコム」を携帯する職員が犯罪現場などを目撃し、一市民として可能な防止行為のレベルを超えている判断し、110番通報も困難な場合には、「ココセコム」の緊急発信を行う
子供からの救助要請などがあった場合は、迅速かつ適切な対応として、営業店内での一時保護、警察・消防への通報、子供の自宅への連絡などを行う
  
■一般財団法人 尼信地域振興財団
尼信地域振興財団は、昭和46年に尼崎信用金庫創業50周年記念事業の一つとして設立された「尼信地域振興基金」を母体とし、昭和53年1月に兵庫県知事より財団法人の認可を受け、財団法人 尼信地域振興財団として設立。平成24年4月1日からは、一般財団法人に組織変更しております。設立以来、交通安全運動推進事業や青少年の健全育成に資する事業など各種事業を通じて、幅広く地域貢献活動を行っています。
<交通安全運動推進事業の主なもの>
ミニパトカー20台を寄贈 (H23.6)
交通安全自転車シミュレーター3台寄贈 (H24.5)
交通安全自転車シミュレーターと安全運転教育用セーフティナビ寄贈 (H25.7)
「尼チャリ3K大作戦!!」プロジェクトへの助成 (H26.7)
  
■無事故・無違反運動「チャレンジ100」に参加
平成19年から、無事故・無違反運動「チャレンジ100」に役職員1,000名(100チーム)が参加しています。
 

以  上