ニュースリリース

ニュースリリースインデックスへ
AMASHIN NOW NEWS LETTER

平成27年4月21日

各 位

地域のベストバンクをめざします。
尼崎信用金庫


尼信会館 特別展開催のお知らせ
「棚橋重世 日本画展」ならびに、「中村恭子 作陶展」


 尼崎信用金庫(本店 尼崎市開明町3−30 理事長 川上利之)の尼信会館は、「棚橋重世 日本画展」ならびに、「中村恭子 作陶展」を開催いたします。
 1階展示室「棚橋重世 日本画展」は、棚橋氏が豊かな自然に恵まれた日本の、四季折々の美しい風景とその自然の中で息づく生命に心惹かれて制作した絵画 約30点を展示します。
 「絵を始めるきっかけは花でした」と話す棚橋氏は、山間を薄く染める山桜、薊(あざみ)や桔梗、萩、ススキといった野辺にある草花、川面に映る赤や黄色の葉の彩り、寒中 凛と咲く牡丹、そしてそれら植物と共生する蝶やトンボ、雀やフクロウなど、命の営みを慈しみ深いまなざしでとらえた作品を多く描いています。豊富な色彩の岩絵具を幾重にも塗り重ねて生まれる鮮やかな色彩と、繊細な筆致の詩情豊かな表現が特徴です。
 3階展示室「中村恭子 作陶展」では、中村氏が「堆泥彩(ついでいさい)」という技法で制作した壷やオブジェなど「やきもの」を約30点展示します。
 「堆泥彩」は、先ず、粘土で作品の形を作り、その土台が生乾きのうちに、デザインに合わせて6〜7色の色粘土を塗り重ねます。その後、カンナで削って模様を作ります。
 色彩と模様と作品の形という3つの要素が、作品の魅力をバランスよく引き立たせ合っています。また、表面を削って作った模様の凹凸が影を作ったり、光を反射したりすることによって生まれる独特の風合いが見所です。
 
展示会名称 「棚橋重世 日本画展」   1階展示室
「中村恭子 作陶展」   3階展示室
会   期 平成27年4月25日(土)〜 平成27年5月31日(日)
休 館 日 月曜日、祝休日(ただし、土曜・日曜日と重なる場合は 開館)
開 館 時 間 10:00 〜 16:00
会   場 尼 信 会 館
尼崎市東桜木町3番地 (直通電話:06―6413―1121)
入 館 料 無  料

以  上