ニュースリリース

ニュースリリースインデックスへ
AMASHIN NOW NEWS LETTER

平成27年7月14日

各 位

地域のベストバンクをめざします。
尼崎信用金庫


尼信会館 特別展開催のお知らせ
「失われゆく日本の原風景 はら ひろし個展」ならびに、
「六村眞規子展 ―生命(いのち)の鼓動―」


 尼崎信用金庫(本店 尼崎市開明町3−30 理事長 川上利之)の尼信会館は、「失われゆく日本の原風景 はら ひろし個展」」ならびに、「六村眞規子展 ―生命(いのち)の鼓動―」を開催いたします。
 1階展示室「失われゆく日本の原風景 はら ひろし個展」は、原氏が時代の流れとともに消失していく日本の懐かしい風景を惜しみ、描きとめた作品 約70点を展示します。
 原氏は鉛筆、色鉛筆、クレヨン、水彩、パステルなど身近にある画材を幅広く用い、複数の画材を組み合わせた時に生まれる意外な現象や効果を表現に活かしています。また、透明油絵具を使い、ナイフだけで描き上げるなど既存の描法にとらわれない自由な技法で描いています。各々の風景には画家自身の物語やドラマが投影され、感性と個性による独自の色で描いており、写真と違ったオリジナルの面白さや魅力が伝わってきます。
 3階展示室「六村眞規子展 ―生命(いのち)の鼓動―」では、羊毛フェルトを素材に、躍動するいのちのダイナミズムを表現した作品を約15点展示します。
 六村氏は、大地に生息する大小無数の生命が刻む異なるリズムが、響き合って奏でる大交響曲を視覚的に表現しています。生命を表す小宇宙に見立てたフェルト片を会場の床や壁一面に組み合わせて制作した作品は、大地のうねりのようにも、草木が葉を茂らせ伸びていくさまのようにも見えます。また、宇宙に広がる星の群れや、翼を広げ天空に舞い上がる鳳凰のようにも映ります。それぞれの作品は鑑賞者の視覚と感性に呼応して、力強くあるいは優しく生命の和音を心に響かせます。
 
展示会名称 「失われゆく日本の原風景 はら ひろし個展」    (絵画展)  1階展示室
「六村眞規子展 ―生命(いのち)の鼓動―」 (フェルトアート展)  3階展示室
会   期 平成27年7月18日(土)〜 平成27年8月23日(日)
休 館 日 月曜日、祝休日(ただし、土曜・日曜日と重なる場合は 開館)
開 館 時 間 10:00 〜 16:00
会   場 尼 信 会 館
尼崎市東桜木町3番地 (直通電話:06―6413―1121)
入 館 料 無  料

以  上