ニュースリリース

ニュースリリースインデックスへ
AMASHIN NOW NEWS LETTER

平成29年2月7日

各 位

地域のベストバンクをめざします。
尼崎信用金庫


尼信会館 特別展開催のお知らせ
「小池育子 日本画展 ・・・野の花そして音楽と旅・・・」ならびに、
「菊川敏(きくかわさとし)・吉良幸弘(きらゆきひろ)・津野充聡(つのみつとし) 彫刻展」


 尼崎信用金庫(本店 尼崎市開明町3−30 理事長 作田誠司)の尼信会館は、「小池育子 日本画展」 ならびに、「菊川 敏・吉良幸弘・津野充聡 彫刻展」を開催いたします。
 1階展示室「小池育子 日本画展 …野の花そして音楽と旅…」では、西宮市在住で西宮芸術文化協会 会員の小池氏の日本画を大作中心に約30点展示します。
   小池氏は日本画家として一歩を踏み出してから十数年間、日本画の伝統に倣い、つつましい野辺の草花を繊細な筆致で、詩情豊かに描いています。その後、「音楽と美術」をテーマにした旅が転機となり独自の画風を確立します。日本画でありながら、ヨーロッパの風光、物語、楽器、楽譜や詩をモチーフとし、時にはエンゼルを象徴的に配して、自己の心象風景を描くようになりました。「一瞬一瞬の感動こそが絵の原点」と語る小池氏がヨーロッパで素晴らしい文化や絵画、音楽に触れ、心を揺さぶられた感動、喜びや悲しみを作品に託して描いています。
 3階展示室「菊川 敏・吉良幸弘・津野充聡 彫刻展」では、兵庫県彫刻家連盟に所属し、切磋琢磨する3人の作品をあわせて約40点展示します。
   彫刻は顔の表情やしぐさ、人物の動き、全体の量感、存在感、ポーズがもたらす空間などによって、主題を語らせる「モノがものを言う」分野です。
   菊川氏は人体としての形態の美を超え、感情をもって生きている生命の美しさまでを表しています。吉良氏の肖像彫刻はブロンズや樹脂、粘土、石膏、時には木材といった異なる素材をモデルに合わせて選び、単に顔の特徴を刻むに終わらず、内包された人物の内面まで表しています。津野氏のシンボリックな表現の作品はパブリックアートも多く、設置された空間にテーマを主張し、存在感を放っています。三者三様の作品をご覧いただきます。
 
展示会名称 「小池育子 日本画展 ・・・野の花そして音楽と旅・・・」   1階展示室
「菊川 敏・吉良幸弘・津野充聡 彫刻展」  3階展示室
会   期 平成29年2月11日(土) 〜 平成29年3月12日(日)
休 館 日 月曜日、祝休日(ただし、土曜・日曜日と重なる場合は 開館)
開 館 時 間 10:00 〜 16:00
会   場 尼 信 会 館
尼崎市東桜木町3番地 (直通電話:06―6413―1121)
入 館 料 無  料

以  上