ニュースリリース

ニュースリリースインデックスへ
AMASHIN NOW NEWS LETTER

平成29年12月5日

各 位

地域のベストバンクをめざします。
尼崎信用金庫


兵庫県交通安全協会、自転車安全対策協議会と啓蒙活動を展開
〜「交通安全と自転車の安全利用に向けた協定」を締結〜


  尼崎信用金庫(本店 尼崎市開明町3丁目30 理事長 作田 誠司)は、地域社会の安全に向けた取組みのひとつとして、一般財団法人 兵庫県交通安全協会(会長 瀧川 博司)、一般社団法人 自転車安全対策協議会(代表理事 橘 英嗣)との間で「交通安全と自転車の安全利用に係る包括的業務連携に関する協定」を下記のとおり締結しました。


  自転車をめぐるマナーや事故の社会問題化を受け、当金庫の営業エリアである兵庫県、大阪府などの自治体では自転車保険の加入が条例で義務付けられるなどの動きが広がっています。今回の協定締結を機に3機関が相互に連携・協力し、自転車の安全で適正な利用の促進や「自転車会員」の周知・普及活動などに取組み、安心・安全な地域社会づくりに貢献してまいります。

  なお、兵庫県交通安全協会、自転車安全対策協議会との「交通安全・自転車の安全利用に向けた協定」の締結は、県内の金融機関としては当金庫が初めてとなります。
 
1.本協定の目的
交通安全と自転車の安全利用に係る兵庫県の課題に適切に対応し、交通安全社会の形成に寄与することを目的とする。
2.主な連携・協力事項
  (1)「自転車会員」の普及活動
(2)交通安全普及活動の協力
(3)自転車条例の周知  
3.締結日
  平成29年12月5日(火)

以  上