第1条(使用許諾)

尼崎信用金庫(以下、「当庫」といいます。)が提供する尼崎信用金庫でんさいサービス(以下、「でんさいサービス」といいます。)の利用契約者(以下、「お客さま」といいます。)は、でんさいサービスの一括記録請求データ作成用ソフトウエア「一括請求Assist®」(以下、「本ソフトウエア」といいます。)を、本使用約款の各条に従うことを条件に無償で使用することができるものとします。

第2条(目的)

当庫はお客さまが当庫の提供するでんさいサービスを利用する目的の範囲で本ソフトウエアの使用を許諾するものとします。

第3条(使用の制限)

1.お客さまは、本ソフトウエア及び付属するドキュメントについて、第三者への移転、譲渡、再使用許諾等を行ってはならないものとします。

2.お客さまは、本ソフトウエアに関連するすべてのプログラム等について、リバースエンジニアリングその他の方法により解析を行ってはならないものとします。

3.お客さまは、本ソフトウエアに関連するすべてのプログラム等について、変更または修正を行ってはならないものとします。

4.お客さまは、本ソフトウエアに関連するすべてのプログラム等に表示された著作権表示を削除してはならないものとします。

第4条(ソフトウエアの権利関係)

1.本使用約款に基づく使用許諾を除く本ソフトウエアに関連するすべてのプログラムおよび情報等に関する一切の権利は株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・フロンティアに帰属します。

2.お客さまは、本使用約款に基づく使用許諾を除き、本ソフトウエアに関連する全てのプログラムおよび情報等に関するいかなる権利も有しません。

第5条(機密保持)

お客さまは、本使用約款に基づく本ソフトウエアの使用継続中または、使用終了後にかかわらず、本ソフトウエアに関連するすべてのプログラムおよび情報等について、第三者に開示してはならないものとします。但し、以下の各号に規定する情報は機密保持の対象外とします。

(1) 当該情報を取得した時点で既に公知となっていた情報

(2) 本使用約款に違反することなく当該情報を取得した後に公知となった情報

(3) 当該情報を取得した時点で既にお客さまが保有していた情報

(4) 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わず合法的に入手した情報

(5) 当庫から開示された秘密情報を利用することなく独自に知得したもの

第6条(従業員等に対する措置)

1.お客さまは、お客さまの従業員、派遣社員、嘱託社員等お客さまの指揮・命令を受けて、お客さまの業務に従事する者(以下、総称して「お客さまの従業員」といいます)に対して、本使用約款の目的に必要な範囲で、本ソフトウエアを使用させることができるものとします。なお、お客さまは、お客さまの従業員等に本ソフトウエアを使用させるにあたって、本使用約款においてお客さまが負っている義務と同等の義務を遵守させるものとします。

2.前条の規定に関わらず、お客さまは本ソフトウエアの使用のために必要な情報をお客さまの従業員等に開示することができます。但しこの場合、お客さまはお客さまの従業員等が知り得た前条所定の情報を第三者に開示若しくは本使用約款の目的に必要な範囲を超えて利用または使用しないよう適切な措置をとるものとします。

第7条(使用許諾終了時の義務)

お客さまは、本使用約款による本ソフトウエアの使用が終了した場合、本ソフトウエア本体、関連する全てのプログラムおよび情報等を、お客さまの責任と負担において破棄するものとします。

第8条(損害賠償)

本ソフトウエアを使用してお客さまが期待する結果が得られない場合および本ソフトウエアを使用した結果、お客さまが直接的あるいは間接的に損害を被った場合は、本ソフトウエアないしデータの瑕疵その他原因の如何に関わらず当庫は賠償の責めを負いません。

第9条(使用許諾の終了)

1.当庫は、お客さまが本使用約款に違反したとき、または当庫が本ソフトウエアの無償提供を中止する等の場合、本ソフトウエアの使用許諾を直ちに終了できるものとします。

2.お客さまは、本ソフトウエア本体、関連する全てのプログラムおよび情報等を破棄することで本ソフトウエアの使用をいつでも終了することができます。

第10条(規定の変更)

当庫は本使用約款を変更する際は、当庫ホームページ等、当庫の定める方法によりお客さまに告知します。お客さまが変更日以降に本ソフトウエアを使用する場合は変更した使用約款を承諾したものとして取扱いします。なお、当庫任意の変更によって損害が生じたとしても当庫は一切責任を負いません。

第11条(準拠法・管轄)

本使用約款の準拠法は日本法とします。本使用約款に関する訴訟については、当庫本店所在地の管轄裁判所とします。