平成28年1月1日より「金融所得課税の一体化」が開始となり、特定公社債等(個人向け国債・利付国債・中国ファンド等)を保有されている個人のお客さまへの税制が改正されます。

詳しくはこちら(「税金のはなし 公共債と投資信託」)をご覧ください。