あましんグリーンプレミアム

ごあいさつ
理事長 作田誠司

平素は当金庫をお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。
『あましん グリーンプレミアム』は、温暖化や資源の枯渇、生物多様性の低下をはじめとする環境問題が深刻化している状況下において、環境改善に対する地域の皆さまの優れた技術や製品、取組みやアイデアにスポットを当て表彰することで、新技術の開発や環境文化の創造に繋がることを願い実施するものです。

本表彰制度は、平成23年当金庫が創業90周年を迎えたのを機に創設し、過去11回の募集ではいずれも100件を上回るご応募をいただいております。

当金庫は令和元年10月10日に、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取組みを推進するため、「あましん SDGs宣言」を制定し表明しました。これまで推進してきた事業活動を通じた社会・環境への取組みをさらに発展させ、お取引先企業の新たな価値の創出や地域活性化を通じた「共通価値の創造」に努めてまいります。

当金庫はこれからも『あましん グリーンプレミアム』を通じて持続可能な社会と環境作りにますますお役に立てるよう、皆さまと共に地域に根ざした取組みに育てていきたいと考えております。

募集要項
応募資格

当金庫営業エリア内の法人・個人・団体で、環境問題への改善に大きく貢献している技術や製品、取組みやアイデアをお持ちの方。
    ※当金庫とのお取引の有無は問いません。
   (※ただし、主たる住所地が当金庫の営業エリア外の場合はご応募いただけません。)
 
 詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
部門・表彰内容

募集部門
環境事業部門 (事業者を対象といたします。)
    自社で開発した技術や製品、工法などにより環境改善に大きく寄与する一定の効果をあげている事業者に対して表彰します。

環境活動部門  (法人・個人・団体を対象といたします。)
    組織として(個人の場合は個人として)環境問題を意識した活動等を通じて、一定以上の効果をあげている先に対して表彰します。

環境アイデア部門 (法人・個人・団体を対象といたします。)
    地域住民から幅広く、環境問題改善に向けたアイデアを募集し、低コストかつ迅速に実現可能であり効果的なアイデアに対して表彰します。
     

賞金
最優秀賞賞金100万円(全部門を通じて1先)
部門賞環境事業部門… 賞金50万円(1先)
環境活動部門… 賞金50万円(1先)
環境アイデア部門… 賞金30万円(1先)
特 別 賞SDGs特別賞… 賞金10万円(1先)
選考委員会特別賞… 賞金10万円
(複数受賞あり。受賞者なしの場合もあります。)
詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
応募期間・方法

応募期間
令和4年6月1日(水)〜8月19日(金)
※応募期間最終日到着分まで

応募受付

応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、以下の方法でご応募下さい。
      応募用紙はこちら⇒
       ※応募用紙記入のポイントをご参照の上、ご記入下さい。
@ Eメールでのご応募 (E‐mail :eco-amashin@amashin.co.jp
A お近くのあましん本支店へのご持参によるご応募
応募用紙の他に必要と思われる技術データ・レポート・写真等がある場合は、「あましん グリーンプレミアム」事務局あてに別途ご郵送いただくか、もしくはご持参時に応募用紙に添えてご提出下さい。

詳しくは、 あましん グリーンプレミアム 募集要項 をご覧下さい。
あましん グリーンプレミアム 事務局
尼崎信用金庫 地域支援部 地域支援グループ
〒660−0862
尼崎市開明町3丁目30番地
TEL 06-6412-5443  FAX 06-6412-5739
選考方法

 1次選考 … 応募書類による書類選考
 2次選考 … 1次選考通過者の応募書類による書類選考
 最終選考 … 2次選考通過者によるプレゼンテーション選考
※第11回 あましん グリーンプレミアム 最終選考の様子はこちら
受賞者の発表・授賞式

受賞者の発表
選考結果は、令和4年11月下旬にニュースリリースするとともに、当金庫ホームページ等で発表致します。
各応募者への選考結果については事務局よりお知らせいたします。

授賞式
 令和4年12月上旬を予定しております。
※第11回 あましん グリーンプレミアム 授賞式の様子はこちら
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、選考等の日程調整も検討する予定ですのでご留意願います。

選考委員会 (順不同)
●選考委員長  作田 誠司  尼崎信用金庫 理事長
●委嘱団体  尼崎市
  尼崎商工会議所
  一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
  公益財団法人 ひょうご産業活性化センター
  神戸新聞社
受賞者一覧
第11回 あましん グリーンプレミアム 受賞者一覧
最優秀賞 塚口商店街振興組合
 応募タイトル:急速冷凍機で実現する食材ロスの減少と地域住民の課題解決

塚口商店街は「まちの要」の商店街であることを目標に、住民と真摯に向き合い、地域住民の生活を支える基盤として地域経済の活性化をはかることを視野に活動を行っています。
商店街では、飲食店での売れ残りによる食材廃棄ロスと、住民の高齢化による外食困難者が増加していることが地域の課題でありました。
今回商店街の組合員が保有する急速冷凍機を活用することで、食材の長期保存が可能となりました。また各店舗の料理をテイクアウト用冷凍食品として販売することで外食が困難な高齢者でもお店の味が自宅で楽しめるようになり、商店街全体で食材の廃棄ロスと地域の課題解決に繋がりました。

環境事業部門賞 竹内電機 株式会社
 応募タイトル:省電力・省スペースを実現するインバータ式高周波電源製造装置

創業時より制御盤や電気工事に携わり、その後産業用加熱装置や各種製造装置の設計・製造へ事業を拡大しております。
誘導加熱の原理を用いた加熱装置は、対象加熱物によっては100kW相当の電力を使用します。消費電力低減の観点から省電力を実現するインバータ式電源が求められており、従来製品より@消費電力が1/2、A設置スペースが1/2以下、B価格が1/2以下の、省エネ・省スペースで安価な製品を開発しました。
インバータ式高周波電源は多種類の設備に応用可能であることから、更なる拡大が見込まれております。

環境活動部門賞 NPO法人日本もったいない食品センター
 応募タイトル:持続可能な事業形態と、合理的で優しい世界を目指す活動

食べられるのに廃棄する、食べたくても食べられない、この不条理をどうにかしたいと考え活動を開始しました。食品メーカーや小売店、自治体等から規格外や販売期限・賞味期限によって廃棄される食材を仕入れることで、廃棄ロスの削減に貢献しております。仕入れた食品は食品ロス削減ショップ「ecoeat」を通じて販売、また福祉施設や生活に困窮している方へ寄付する活動も行っております。
あらゆるモノを大切に使い、消費するだけ生産する、余ったものは再利用を検討することが価値観の中心になる時代が来ていると考えています。

環境アイデア部門賞 NPO法人武庫川ECO-LABO
 応募タイトル:尼崎産の魚で地元の子供達を支えるフィッシュシェアリング活動

尼崎南部地域は阪神間でも有数の釣りスポットで、年間約10万人の釣り人が訪れます。当団体が行うフィッシュシェアリング活動は、釣り人から頂いた魚を調理・加工し食材として市内を中心とした子供食堂に提供しています。また鞄漁開発武庫川渡船と協力し、子供たちに自分で釣った魚をその場で捌いて調理し食べる食育活動も行っています。
尼崎は工業のイメージが残っていますが、地産地消で行う食育を通じて、地元への愛着や海がきれいなイメージへの転換につながるきっかけになっています。尼崎市内の方にも現在の尼崎の海と魚を知って頂く活動に力を入れてまいります。

SDGs特別賞 日本真田帽子 株式会社
 応募タイトル:理想を現実化させる素材「ナノトリコローレ」

世界中でファストファッションが流行し、衣料の年間消費量は増加しています。しかし製品を作る過程では汚染水や温室効果ガスの発生等様々な問題が生じています。
当社は環境保護の観点から染色という工程に着目し、排水を一切出さない染色技術を利用しサスティナブルな素材「ナノトリコローレ」の開発に成功しました。和紙を原材料とした紙糸は、帽子にするには最適な材料です。
自然の恵みと日本の文化、さらに現在の技術が融合し、豊かなライフスタイルを提案するとともに、品質にもこだわり、長く使える商品を提供することで、エシカル消費へと繋がる明るい未来を提案してまいります。


第1回 〜 第10回 受賞者一覧はこちらへ