未来を生み出すあましんの“仕事”1.テラー

「あなたがいるから大丈夫」。
そう言ってもらえるテラーをめざして。

村田 夏実テラー担当 2017年入庫

イメージ

カッコイイ先輩になりたい! 今の自分。

達成して初めて気づいた
“学び続ける”ことの大切さ。

テラーの仕事はただ窓口で入出金の手続きをするだけではありません。
お客さまのお話をしっかりお伺いし、ニーズに合った商品をご提案することも大切な業務のひとつです。中でも資産運用の提案は必要な知識量が多く複雑なため、入庫当初からの苦手分野でした。3年目の春、当金庫で預り資産販売のコツをレクチャーしていただく機会があり、「このチャンスを逃してはいけない!」と思った私は、どんなに些細なことも疑問に思えばすぐに質問し、話法や資料を用いた提案の仕方など、お客さまを想定しながら何度もシミュレーションを重ねました。
その結果、月1件だった契約件数が2件、3件と増え、当金庫で預り資産獲得額上位者になることができました。喜びと同時に、お客さまお一人お一人に安心して資産運用のお手伝いをさせていただくためには、洞察力と対応力を磨き続けなければいけないのだと感じました。
今後も学び続け、ここぞという時に頼ってもらえるテラーをめざしていきます。

イメージ

どうして伝わらないの? 昔の自分。

自分の言葉が相手に
うまく伝わらない。

学生時代の飲食店でのアルバイトとは違ってご高齢の方と接する機会が多く、自分の話すスピードや声の大きさではなかなか伝わらないことがありました。また、こちらは伝えたつもりでも実際は相手に伝わっておらず、なぜ?どう改善すべきか?と悩んでいました。

接客ビデオから
伝え方を研究。

「相手に伝わる接客」のヒントになったのが研修で見たビデオ。例えば伝票記入していただく際に「店番号、口座番号、氏名」と一度に説明するのではなく、少しずつお伝えした方がスムーズにご案内できるなど、お客さまの状況に合わせた伝え方を学びました。そこからは自分で考え工夫しながら伝える習慣が身についていきました。

イメージ イメージ イメージ

One Day